Toggle Menu
スタッフブログ

高校野球から学ぶ

みなさんこんばんわ、ミスターです。

夏休みは学生にとって大きな大会が行われる季節です。

その中でもやっぱり高校野球は気になります。

今年は特に西東京代表 日大三高。

地区大会で母校と対戦したんです。

しかも序盤まではリードをしていたんですよ。

結果的には負けてしまったのですが、休ませていた主力を引っ張り出し、本気にさせての惜敗でした。

対戦相手が優勝して甲子園に行く。

なんかそれだけでうれしいというか、勝手に自分たちの分もって思いを預けてしまうというか。

改めて”勝つ!”ということの意味を教えられたと思いました。

そう言えば先生に、

”決勝までは行くんですけど、なかなかそこで勝たせてあげられない選手がいるんです”

と相談したことがあるんです。

先生は、

”今はとにかく決勝に行く回数を増やせばいい。優勝するに値するプレーヤーになったときにそこで勝てるんだ”

と言われました。

最初は何となくの理解でしたが、今は結構わかる気がします。

自分に負けたプレーヤーの分まで頑張ろう!

ということなのかな、と。

明日は日大三高の試合があります。

彼らが優勝すると地区大会で苦しめたんだよなーって語りながら、嬉しそうに酒を飲めるおやじが増えるんだろうなー。

TPPのプレーヤーも対戦相手に思いを託せされるような選手になってほしいし、そのためのサポートはできる限りしてあげたいと思っています。

まずは明日の応援から、ではまた ciao!

 

 

ブログの執筆者

  • 小沢 英亮

     
    フィジカルトレーニングクラス コーチ
     
    身体の基礎構造からのアプローチを得意とし、選手達に『身体の動かし方』、『使い方』を分かりやすく丁寧に伝えプレーヤーからは『動きが必ず変わる』と絶大の信頼を得ています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


TOP